IMG_2534.JPG

森田芳光メモリアル・スペース MoritaYoshimitsu MemorialSpace.

 カフェの片隅に、
映画監督・故森田芳光のメモリアルスペースがあります。
函館を愛し、函館を舞台とした数々の作品を残した森田監督。
何気ない「函館の日常」を、美しい1シーンに変えてしまうその作品たちに、魅了されました。
この街の空気が好きだと言ってくださっていた監督。
いつも、いつまでも、その想いは函館の街、そして人々の心に深く残り続けます。
 机ひとつの、まるでそこに監督がペンを持ち、座っているかのような小さな書斎。
直筆原稿や愛用眼鏡、台本、ペン、好きだった音楽、本、などなど、
想い出の品々を大切にお預かりしています。


     函館を舞台にした作品たち

     函館を舞台とした作品は、4つ。
     中でも、一番最初の函館ロケ作品「ときめきに死す」は、
     森田監督と「まるせん」をつなぐ思い出深い作品。
     当時からのご縁は今もつながっています。
     どの作品も、監督の見た、感じた、
     それぞれの「はこだて」を感じることができる作品です。
    
    【函館ロケ作品】
     「ときめきに死す」(1984年) 「キッチン」(1989年)
     「海猫」(2004年) 「わたし出すわ」(2009年)


IMG_2763.JPG



moritamap.jpg

森田芳光メモリアル・マップ MoritaYoshimitsu Memorial Map.

「街全体がオープンセット」
とあるインタビューでは、そんな言葉で函館を表現してくれました。
この街で描いた4作品のロケ地やゆかりの地の数々を紹介する
「森田メモリアルマップ」がついに完成。
美味しいモノ好きでも有名だった監督は
数々の「お気に入り」へ足を運び、季節ごとの美味しいモノを楽しんでいました。
そんな監督お気に入りの店などもご紹介しています。
監督のみた景色、堪能した味、感じた空気。
ぜひこのマップを片手に、監督の足跡を辿る旅へお出かけください。

最新情報はコチラ Morita Yoshimitsu FACEBOOK PAGE